「恋心」は美しい

中年もいい年頃のぼくだから、も一通りこなしてきて、れんあいせいたいけんこれまでの人生で何度も「恋愛」をしたし、性体験いま思うのは、もしかしたら、中学、高校時代のかんのうてきよりも官能的だったのではないか、かんのうてきということだ。官能的というのは、心身をときめ当時のぼくはれんあいめぐ「恋愛」に恵まれていたわけでかせる快がある、ということ。べつに、ミをは達5耳成tをす貸かるとし、「恋」が何もなかったし、性体験だつであったといえるほどのことはなかった。けれど、好きなすがたこうしやまどろうかちが人が歩いている姿を校舎の窓から見てドキドキしたり、廊下ですれ違っては顔を赤らめたり、言葉を交わしただけで天にものぼるような気分になったり:::と、それだけれんあいしんぱ〈すうでいまの「恋愛」やセックスの何倍も心拍数が高かったのを思い出す。
夫婦間で問題が出たとき、複雑であればあるほど解決に時間が掛かります。

そして、タ映わすすえの公園で、時の経つのも忘れて好きな人とふたりで話したときの切なさは、大人にれんあいくらなってからのさまざまな「恋愛」と比べても、ぼくの中に深く刻まれている。もしかしたら、あのときのふたりを包んだだいだい色の空ほど美しいものを、その後見ていないかもしれない。なぜならば、すぐに肉体で解消されてしまう快楽よりも、ただ好きだという思いがはちきれんばかりにふくらんでいるからだ。その思いのちょっとした配れに餅ついたり、心膨らせたりする日々は、それだけで官能的だろう。そんな季節は人生でこれ以後はめぐってこない。だから、もし、「恋」をしてしまったのなら、そのときにしか味わえないキミが感動を味わい尽くしてほしい。

出典:

DY024_L

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です